副業・兼業でお金持ち大家さんになる ―経済的自由への道―

副業・兼業でお金持ち大家さんになる―経済的自由への道―
副業・兼業でお金持ち大家さんになるTOP  ⇒  6.大家さんを実践する  入居者募集を極めるこつ
大家さんの実務 | リフォーム力で満室経営−基本編− | リフォーム力で満室経営−実践編−
入居者募集を極めるこつ | 大家さん失敗の原因とは | 滞納問題を解決する方法とは
不動産物件管理・修繕を極める | その他の業務・お仕事

入居者募集を極めるこつ

★満室経営のために入居者募集を極める

不動産投資を成功させる上で、最も大切なことの一つが安定した入居者の確保=満室経営です。ただ、立地のよい不動産を購入しただけでは、入居者の確保はできません。

自分の物件、不動産が入居者募集をしていることをみんなに知ってもらう必要があります。

以前、賃貸不動産の営業をしていた経験からお話させていただくと、賃貸の営業マンが知らない物件は存在していないのと同じです。
  
入居者は必ず賃貸の不動産屋さんの所へ部屋探しに行きます。そして部屋を紹介したり、部屋へ案内するのは営業マンです。


その営業マンたちに自分の物件を覚えてもらうことです。ここがポイントです!!


覚えていない物件は案内もできません。そのためにはまず営業マンに大家さんとして営業をする必要があります。


難しく考えたり、緊張する必要はありません。ただ賃貸営業マンの印象に残るような方法を考えればいいだけです。


募集用の資料をきれいに自作して、最寄り駅の賃貸専門の不動産業者へ資料を配りに行っています。


そうすると大家さん自身が営業マンや店長さんと会って話をすることにより、自分の物件をまずは営業マンに知ってもらうことができます。


それと、営業マンに支払う手数料は相場より少し多めにするようにしてください。営業マンも歩合制の人が多く同じ紹介するにしても手数料の多い物件を紹介します。


手数料の多い物件の方が営業マンの記憶にも残りやすいものです。



私は室内の写真や外観、エントランス、周辺地図などを乗せた資料を作成し、カラー印刷して、100キンで売っている安いクリアファイルなどで一冊にまとめて20〜30組ほど作り、物件の最寄り駅とその周辺の駅の近くにある賃貸の業者さんに配り歩きました。


最初はドキドキするかも知れませんが、 

「マンションのオーナーですけど、空室が出ましたのでお客さんのご紹介お願いします。」


みたいな感じで不動産屋さんに行けば、好意的に向かえてくれます。彼らにとっても大家さんは大切なビジネスパートナーですので、好意的に迎えてくれますので安心してください。


私はこの募集方法で、すぐに入居者が見つかり満室経営を実現しています。参考にしていただければと思います。


2・3年前まで、パソコンなどさわったこともありませんでしたが、結構簡単にできるものです。

満室経営大家さんを目指すのであれば、業者さんまかせっぱなしにするのではなく、資料作成やその資料を賃貸業者さんに配り歩くぐらいの気合はいれたいですね。



★入居者確保のこつを知る

賃貸営業の部屋付けの仕事をしているときに感じたのが、賃貸用不動産物件の多さです。在庫がなくなることがありません。


持ち家比率が都心部で50:50という統計がでています。


人口の多い都心部の半数は賃貸に住んでいるという事実です。需要は確実にあります。


地方の田舎で、多いところでは80%を超える人が持ち家を持っている地域もあります。


親の代から受け継いでいたりするので、文化や習慣の違いもあるかも知れません。


だから、プロの業者は都心部にどんどん、マンションを建てるのかも知れませんね。



大きめの図書館に行けば、国勢調査や建物・土地調査書なるものがありますので、一度自分の住んでいる地域を調べてみるのも面白いかも知れませんね。


賃貸屋さんが物件を紹介するときに検索する、プロの業者が登録する「社団法人不動産流通機構」というところが運営している、レインズというものがあります。


不動産を登録するシステムがありそこにアクセスして、探します。


だいたいの業者さんはそのレインズをみて、お客さんに物件を紹介します。


簡単に言えば、プロが使う専用検索サイトだと思ってください。


そのレインズで 「大阪市北区」「賃貸」 で検索するとなんと、630件もの不動産が検索されました。 


大阪市の北区だけです。



一番安い物件で、家賃3.3万の2K、一番高い物件で家賃30万の3DLKまで幅広い不動産が登録されいます。。 かなりの量です。


そのすべてを一人の営業マンで把握するのは、不可能です。そこにヒントが隠れています。


逆に言えば、覚えられないぐらいたくさんの物件があるのであれば、営業マンに「自分の物件を覚えてもらう」ように努力をすればいいだけです。


お客さんが来店されて家賃などの希望条件を聞きそれに合った物件を紹介するとき、まずは記憶に残っている物件の資料からお客さんに紹介します。知っている物件でないと良し悪しがお客さんに説明できないためです。


以前案内した物件だとか、オーナーさんが空室がでたので、お願いしますと直接資料を持ってきてもらった物件とか、お歳暮をくれたオーナーさんとか、手数料が多い物件とか、相場より安い、きれいな物件とかです。当たり前ですが、記憶に残っている物件からお客さんに紹介します。



なんの印象にも残らない、不動産ではたくさんある物件の中に埋もれてしまいます。


営業マンが知らなければ、存在しないのと同じです。


お客さんを案内するのは、営業マンですが、実際知らない不動産がたくさんあると思います。


やはり、熱心に顔を見せてくれるオーナーさんの物件は、印象にも残りますし、「早く決めなければ」と思うのは人情です。


あとは大家さんとして、どうすれば、「埋もれない不動産」にするのかを考えましょう。


そのためには賃貸の営業マンに営業をするのが大家さんの仕事になります。そのため私は自作で資料を作り、所有する不動産の最寄り駅周辺の賃貸業者さんへ営業に出かけます。


いつもこの方法で入居者さんを紹介していただいています。営業マンの印象に残るような資料と条件を提示しています。




★空室になっている部屋の入居者募集と管理

基本的に、物件管理契約と入居者募集の業務とは別々の仕事になります。


しかし、物件管理を任せている業者さんがそのまま入居者募集するのが一般的ですので、そのままお願いすることになると思います。


私の入居者募集の方法は、町の賃貸専門の不動産屋さんに広告の関係上媒介契約(募集を依頼する契約のこと)を結ぶことはありますが通常はわざわざ書面を交わしません。口頭で空き室の資料を私お願いします。


一般媒介であれば、重複して募集を依頼しても大丈夫です。


専任契約の場合でも自分で入居者を見つけても大丈夫です。しかし、入居者募集や管理を任せている業者さんの手前もあると思いますので、あまり積極的に動けないかもしれませんね。


入居者募集などに時間を使える方は、賃貸業者さんに直接、資料を自作し、営業にまわった方が効果的です。


私の経験ですが、賃貸営業の仕事をしていとき、地元の大家さんで、空室が出れば資料を持参されてこられるおじいさんがいらっしゃいました。


やはりその物件は覚えます。条件交渉もオーナーさんと顔見知りですので、しやすく条件のあうお客さんが来店されたとき、真っ先にその物件をご案内します。


直接大家さんの顔が見える物件は、やはり賃貸の営業マンも物件を覚えやすいので、入居者は決まりやすくなります。


入居者さんに物件を紹介するのは営業マンです。営業マンの記憶に残らない物件は存在しないのと同じです。



賃貸業界の仕組みとしまして、入居者を紹介してくれる不動産屋さんが、大手の賃貸業者だからと言って安心してはいけません。アパ○ン・エイ○ルなどの大手の賃貸業者は、ほとんどがフランチャイズです。


本部が直営で経営されているところもありますが、あくまでフランチャイズですので、看板だけかりているだけで、会社自体は有限会社だったりして小さな会社が多いです。


よくチラシや看板、名詞などを見てください。エイ○ル ○○店  ○○○株式会社と表示してあるはずです。一つひとつの会社は小さいです。


フランチャイズの名前のブランドを使用する代わりに、加盟料金などを支払って営業されていますので、大手の名前だからといって安心してはいけません。


あまり行儀のよくない不良入居者を紹介してくるかも知れません。営業マン自身もだまされている場合は仕方ないですが、分かっているのにあえて手数料獲得のために紹介してくる営業マンもいます。


自分自身を守れるのは自分だけです。
  
カテゴリー一覧
1.サイト紹介
2.サラリーマン副業のすすめ
3.お金の仕組みを知る
4.副業・兼業でお金持ち大家さんになる
5.副業・兼業でお金持ち大家さん成功の秘訣
6.副業・兼業でお金持ち大家さんを実践する
   ├大家さんの実務 
   ├リフォーム力で満室経営−基本編−
   ├リフォーム力で満室経営−実践編−
★├入居者募集を極めるこつ
   ├大家さん失敗の原因とは
   ├滞納問題を解決する方法とは
   ├不動産物件管理・修繕を極める
   └その他の業務・お仕事
7.不動産営業マン、業界裏話
8.よくあるご質問への回答、Q&A
9.プロとしてのアドバイス
10.所有不動産の紹介
現在の資産状況
サイト内検索

サイト管理人プロフィール
 ・レフティー
 ・大阪市在住
 ・1974年(昭和49年)生まれ
 ・嫁と息子一人
 ・サラリーマン

姉妹サイト
金持ち父さんを目指す−お金と自由を手に入れる
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
新米★サラリーマン大家さん日記(収益不動産投資術)
不動産競売物件を手に入れる
副業でアパート経営・マンション投資
メールを送る
ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、

メールフォームにてご送信下さい

雑誌、テレビなどの取材もお受け致しますのでご連絡ください。

※上記メールフォームに得た個人情報は、厳重に管理し、当サイト運営に関するお知らせ以外の目的では使用致しません。
1.サイト紹介
   ├サイトコンセプト
  ├プロフィール
  ├誰にでもなれる大家さん
  └サイトマップ
4.副業・兼業でお金持ち大家さんになる
   ├お金持ち大家さんの基礎知識
   ├お金持ち大家さんのメリット
   ├デメリットと解決方法
   ├通常売買での購入方法
   ├競売不動産を落札する
   └物件購入時の注意点

7.不動産営業マン、業界裏話
  ├実録、お隣の家賃滞納
  ├実録、クレーマーに注意!?
  ├実録、競売開札場
  ├実録、区分所有者集会
  ├ゆうれい不動産!?
  ├耐震偽装問題を考える
  └外国人の住宅ローン
10.所有不動産の紹介
   ├第一号物件
   ├第二号物件
   ├第三号物件
   ├第四号物件
   ├第五号物件
   ├第六号物件
  ├第七号物件
   └収支報告
2.サラリーマン副業のすすめ
   ├副業のすすめ
  ├副業のメリット・デメリット
  ├具体的な目標数字を決める
  └時間には限りがあることを知る
5.副業・兼業でお金持ち大家さん成功の秘訣
   ├小さな取引から始める
   ├現金投資をすすめるわけ
   ├勝ち組と負け組を分けるものとは
   ├全国の持家比率を知る
   ├物件の選び方を知る
   ├家賃相場と出口戦略
   ├不動産業界の仕組みを知る
   ├激安不動産を手に入れる
   └銀行融資の裏側を知る
8.よくあるご質問への回答、Q&A
  ├始めての不動産投資と資金調達
  ├不動産市場とその特性
  ├物件調査方法と水面下情報
  ├投資戦略と購入条件
  ├単身者用ワンルームマンション
  ├満室経営をする入居者募集のこつ
  └建物老朽化問題を考える
3.お金の仕組みを知る
   ├お金持ちの考え方を学ぶ
   ├お金持ちの定義とは
  ├お金持ちの基準を知る
  ├お金の仕組みを知る
  ├物価の仕組みを知る
  └お金持ちになるためにすることとは
6.副業・兼業でお金持ち大家さんを実践する
   ├大家さんの実務
   ├リフォーム力で満室経営−基本編−
   ├リフォーム力で満室経営−実践編−
★├入居者募集を極めるこつ
  ├大家さん失敗の原因とは
  ├滞納問題を解決する方法とは
  ├不動産物件管理・修繕を極める
  └その他の業務・お仕事
9.プロとしてのアドバイス
  ├住宅ローンで大家さんデビュー?
   ├成功するために転職は必要?
  └大家さん業の未来
当サイトはホームページ・ビルダー10で製作し、独自ドメインMuuMuu Domain!、レンタルサーバーロリポップを使用しています。
Copyright(C)2008 副業・兼業でお金持ち大家さんになる All right reserved